妊娠中の腹痛 妊娠初期に憩室炎になった時の話 (マタニティ)

こんにちは。次男妊娠中の 「産前産後整体からだの杜」 店長よこいです(^^)
今日は妊娠初期にひどい腹痛に襲われた時の体験談です。

つわりと共に便秘

子供のころから便秘がちだった私ですが、長男出産がきっかけで4年以上快便を保っていました。
しかし次男妊娠と共に便秘が再発。妊娠中だから仕方ないと思いつつ、トイレで踏ん張る日々でした。
便秘だったころの教訓として、溜めすぎると便秘は悪化するので、かなり早い段階で下剤を処方してもらい、週に2回は排便があるよう心がけていました。

左下腹部に痛み

妊娠9週頃から左下腹部の一ヵ所に鋭い痛みが走ることがありました。

  • 1ヶ所だけが痛い
  • 座った時に痛い(腸に圧迫があったとき?)
  • からだが動くと角度によって痛い
  • 排便すると痛みが軽くなる

といった特徴がありました。排便すると軽くなるので、1日おきに下剤を服用していました。

 

ものすごい腹痛と下痢と発熱

妊娠10週のある夜、脂汗の出るほどの酷い腹痛と下痢と発熱があり寝込みました。翌日には解熱したので受診しませんでした。

その後はマメに下剤を飲みながら、痛みも感じずに過ごしました。

 

風邪からの副鼻腔炎と腹痛の再発

妊娠14週の頃、長男の風邪がうつり、副鼻腔炎の初期症状が出始めたので早めに耳鼻科を受診。鼻水を吸うのと吸入のみで通いました。

この風邪がきっかけだったのかは不明ですが、左下腹部の痛みが再発。
今度の痛みは前回の倍以上で、一日に数回うずくまるほどの痛みがやってきました。
刺すような鋭い痛みで、息が荒くなるほどでした。

まずは産婦人科を受診してみたところ、痛い部分が大腸のようだと内科を紹介されました。

 

憩室炎の疑い

レントゲンや腸カメラは撮れないのではっきりは診断されませんでしたが、触診の結果、恐らく憩室炎だろうとのことでした。

憩室(けいしつ)は大腸の壁の一部がそとへ袋状に飛び出しているものです。
ここに便がつまったりして炎症を起こすと(大腸憩室炎)腹痛発熱下血をきたします。
ごくまれに急に大出血しショック状態になります。

飯原医院HPより引用・抜粋
http://www.iiharaiin.com/index.html

憩室は初期に便秘していた頃、いきんで出来たものかも知れません。

 

抗生物質であっという間に治る

抗生物質が3日分処方されました。
一応念のため産婦人科に電話で問い合わせると「抗生物質なら飲んでよい」と言われました。
この時にはもう妊娠16週に入っており、気分的にもあまり抵抗なく服用できました。

飲んだら2日ほどで痛みはおさまり、その後便秘しても痛むことがなくなりました。
ついでにこの抗生物質のおかげで副鼻腔炎も治りました。

 

その後気を付けていること

  • 便秘にならないように対策
  • 最低でも週2回はお通じがあるようにこころがけ、3日便秘すると下剤を使用
  • 排便の時に無理にいきまない

 

便秘の記事はこちら(アップしたらリンク貼ります)

 

おまけ

耳鼻科で憩室炎になった話をしたら、「妊婦さんは葉酸を採ろうとして海苔を食べすぎて、憩室炎になる人いるのよ~」と言われました。そんなに食べませんでしたけどね。