怒らない子育て ​ー 書籍感想

・怒らないという分かっちゃいるけどできないところが主題
・漫画+文章解説・実体験なので読みやすい
・何をしても怒らないのではなく いかに子どもに諭すかが大事
・対象は幼児以上の子育てしているママさん向け でもその前から読むと準備になると思います

 

自分も子どもと向き合っていると
いつも同じようなワガママを言ったり、なかなか行動を起こさなかったり、
はたまた自分の体調が良くなかったりして、感情的に怒鳴ること・叱ることは多々あります
そんなときこの本に出会いました。

 

自分が読んだ最大の感想は
”感情的に怒らないで伝える”
なかなか分かっちゃいるけどできないこと、
正論を見せつけられて正直嫌な気分になります。
でもそこは何となく理解していた部分をしっかりと見ることで
怒るということに対峙し、自分ならこの時はどうするか?
今後起こるかもしれない事象に対して、今からどう考えておけばいいか
と、本書から学ぶべきポイントは多々ありました。
ただ、1つ疑問がありました。

どうして子どもに対して感情的に怒るのだろう?

 

他人ならば、他人だから言わないことでも、
自分の子どもは生まれた時から一緒なのだから
自分がコントロールできる(しなければならない)と考えてしまうのではないか?
裏を返せば、守るべき対象だから・成長して欲しいからこそとも考えられます
 

この本も直接言及はしていないが、
”子どもの自己肯定感を育てる”
という事が本質にあると思いました
怒りによって感情的に子どもを叱ると萎縮し、子どもは自分の考えで動けなくなってしまう。
自分で失敗しながらも成功(もしくは完成)という達成感を持たせ、
紆余曲折しながらも、自分で考える力と積極性を養う
また子ども自身も自分をコントロールできるようになるので、友達とのコミュニケーション力が高まると思います
 

また、番外編はパパ(男性)向けになっています。
子育て時における、パパの接し方がメインだが
ママ(妻)と子育てを色々な形で協力してすることで、
夫婦仲がよくなり(少なくともマイナスにはならない)
老後熟年離婚を回避できますよ(子育ての面では)ってある。
これをすれば絶対大丈夫ではないけれど、積み重ねですよね(笑)
 

本書に書いてあることをいきなり全て実行するのは大変だし、無理無謀だと思う
でも、頭の片隅に入れておいて、できるところから動いてみてはどうでしょうか?
 

著者:嶋津良智 漫画:松浦はこ
フォレスト出版>