【乳頭混乱】赤ちゃんのおっぱい拒否3 母乳が出ない! (産後の悩み)

赤ちゃんのおっぱい拒否3 長男が乳頭混乱になった時

こんにちは!現在次男妊娠中の「産前産後整体からだの杜」店長よこいです。
長男が0歳の頃、母乳拒否で苦労した話を、数回に渡ってお話ししようと思います。結論から言うと、3ヶ月頃からはおっぱい大好きになりました(^^)今おっぱい拒否で悩んでいる方のご参考になれば幸いです。

赤ちゃんのおっぱい拒否2 長男の場合~入院中 の続きです

授乳の機会がどんどん減る

帝王切開で母乳推奨でない病院の場合、母乳育児に出遅れるのは出産前から知っていました。これは個人差があり、数週間離れていても、母乳がすぐに出るお母さんもいます。

だから乳頭混乱という言葉も知っていたものの、心のどこかで「自分は大丈夫」という根拠のない自信がありました。

だからおっぱい拒否という現実に直面したとき、ショックは予想以上に大きかったです。

退院して、実家に戻ってからも、ミルクの前に授乳はするものの、毎回大騒ぎされるのと乳頭の痛みと眠気で、母乳を与える時間がどんどん減っていきました。そしてあまりに大騒ぎするので、夜中のミルクの時間には、母乳を与えなくなっていった。くわえるまでに格闘するので、実際飲んでいる時間は片方で1~5分、左右1回ずつ。

「今はミルクに頼るけれど、病院で言われたように、1ヶ月もすれば出るようになるのだ」と信じて…

 

母乳が出ない!

そうして5日ほど経ったころ、おっぱいが出なくなったことに気がつきました。

  • シャワーの後、からだを拭く間に母乳がポタポタ垂れることがなくなったし、夜中に与えなくても胸が張らない。
  • 無理矢理飲ませている時も、飲み込んでいない。
  • ついでに言うと悪露がほとんど出ない。

焦って色々調べたところ、母乳が枯れる危険が迫っていることがわかりました。
「1ヶ月すれば出る」という言葉は、自然と出るという意味ではないのだと、この時初めて気づいたのでした・・・

 

続きはコチラ

赤ちゃんのおっぱい拒否4 解決編

前の記事

赤ちゃんのおっぱい拒否1

赤ちゃんのおっぱい拒否2