【乳頭混乱】赤ちゃんのおっぱい拒否2 長男の場合~入院中 (産後の悩み)

赤ちゃんのおっぱい拒否2 長男が乳頭混乱になった時

こんにちは!現在次男妊娠中の「産前産後整体からだの杜」店長よこいです。
長男が0歳の頃、母乳拒否で苦労した話を、数回に渡ってお話ししようと思います。結論から言うと、3ヶ月頃からはおっぱい大好きになりました(^^)今おっぱい拒否で悩んでいる方のご参考になれば幸いです。

赤ちゃんのおっぱい拒否1 乳頭混乱とは の続きです

初めての授乳

初めての授乳は、生後4日目でした。帝王切開の時に通常より麻酔を多く使ったため安静時間が長かったことと、母乳に積極的ではない病院だったことが原因で、授乳を開始するタイミングが遅れました。

おっぱいは前日から張っていて、ガチガチ。
まずおっぱい開通マッサージをして、あとは絞りながら赤ちゃんに吸ってもらうことに。

おっぱいをくわえさせようとすると、泣きながら頭を左右に振って嫌がり、看護師さんと二人がかりで無理矢理くわえさせました。しばらくすると泣きながら吸うようになりました。

「今は哺乳瓶の方が吸いやすいから嫌がるけれど、お母さんのおっぱいの方が美味しいとわかってきたら吸うようになるから」と励ます看護師さんの言葉が印象的でした。

入院中はほとんど飲まなかった

入院中、ひとりで授乳しようとすると、くわえさせ方が下手なのか、日に日にもっと激しく嫌がるようになりました。左右に振ったり、のけぞったりする頭を無理矢理押さえつけておっぱいをくわえさせる度に、虐待しているような気さえしてきます。自分の子にこんなにも拒否されると、母親失格と言われているようで本当に悲しかったです。

搾乳して与えると飲むので、味には問題無かったようです。搾乳してみて、分泌量がとても少ないのもわかりました。

私たちの場合の特徴をまとめてみます

  • 生まれてから授乳までに4日経っている
  • 母乳が少ない
  • 乳頭が扁平で太い
  • 乳首が固い(妊娠後期に、逆子でお腹の張りがを避けるため、乳頭マッサージをほとんどしなかった)
  • 吸う力はあるが、口が小さくストローを吸うような吸いかたなので、乳頭が傷つく上に一口でたくさん出てこない
  • 母乳推奨の病院ではなかった

結局入院中は、おっぱいを怒りながら飲み、足りないのでミルクを与えるまで怒り続ける、といった具合でした。

助産師さんの励まし

こんなに授乳が辛いものとは思いませんでした。不安だらけの退院日。退院するときに、「あまり神経質に母乳にこだわらなくてもいい。1ヶ月もすれば出るようになるから」と助産師さんに励まして頂き、少し心が軽くなりました。

しかしこの言葉を、私は大きく誤解していたのでした・・・

 

続きはこちら

赤ちゃんのおっぱい拒否3 母乳が出ない!

赤ちゃんのおっぱい拒否4 解決編

前の記事

赤ちゃんのおっぱい拒否1 乳頭混乱とは